あなたの組織には、どのようなビジネスアジリティ・トレーニングが必要ですか?

ビジネスアジリティ・トレーニングが重要な理由

今日の製品開発は、重要なビジネス価値を提供するために、柔軟性、品質、および顧客に提供するための献身を必要とします。 競争圧力により、チームにとって必要なのは、継続的な価値の提供と短いフィードバックループを可能にする開発方法です。
ビジネスアジリティ・トレーニングは、チームと組織のパフォーマンスを向上させるために不可欠です。 よりアジャイルな仕事を目指したい方の多くは、その組織にとって最も有益な講座はなにかと尋ねます。

この記事では、利用可能なさまざまなアジャイルトレーニング講座と、それぞれの対象者についてご説明します。 これからお伝えする情報で、どの講座が最適かを決めることができるでしょう。 成功する組織は、プロダクトオーナー、開発者、スクラムマスター、経営陣の間でバランスの取れるトレーニング戦略を追求することで、健全な スクラムチームを構築します。

どのようなビジネスアジリティ・トレーニングがあるか?

ここでご紹介する講座の概要は、 スクラム アライアンスとひも付いています。 スクラムアライアンスは、アジャイルコミュニティで最大かつ最も影響力があり、世界中で100万人を超える認定プラクティショナーを輩出しています。 スクラムアライアンスが用意する講座で、スクラム認定を取得するが可能で、認定取得までに3年から5年以上かかります。

認定スクラムデベロッパ-(CSD)コースを除いて、すべてのコースが事実上あらゆる業界、領域に応用できます。 CSDコースは、ソフトウェア/IT業界に特化しています。

入門コース:アジャイルエッセンシャル

このコースは、スクラムなどの一般的なフレームワークの基礎となるアジャイルの価値観と原則の入門コースです。 このクラスでは、アジャイルの核となる原則、最も一般的なアジャイルの実践法、およびアジャイルのアプローチが、製品開発にどのように革命をもたらしているかの概要を学びます。 また、従来のプロジェクト管理方法とアジャイル製品開発の根本的な違いについても説明します。 さらには、アジャイル手法への移行に必要なことについてもカバーします。

多くの組織が、このコースについて、時間的制約のあるエグゼクティブに、ビジネス上のアジリティについての概要を提供してするのに役立つ講座だと考えています。 以前にスクラムトレーニングを受けたことがある人は、このクラスを復習として利用し、全員がアジャイル移行戦略の共通認識を持つのに役立ちます。

アジャイルエッセンシャルは、ご希望に応じて2時間、4時間、および8時間単位で受講可能です。

対象者:

  • 経営幹部、ビジネスおよびITの 管理職。
  • アジャイル移行チームのメンバー。
  • アジャイル手法を理解する必要があるが、スクラムチームに直接所属しない専門家(内部顧客、中間管理職など)。
  • 別の講座に参加経験があり、復習が必要な人

プロダクトオーナーシップ

認定スクラムプロダクトオーナー(CSPO)

CSPOの2日間(バーチャルで実施する場合は 半日を4回)コースでは、スクラムチームと組織におけるプロダクトオーナーの責任の範囲について説明します。 また、顧客、ユーザー、およびステークホルダーとの連携についても確認していきます。 プロダクトオーナーが製品の発見から納品、サポートまで、ビジネス価値を最大化するためにどのように運用するのかを探ります。 コースの卒業生は、スクラムフレームワークを通じて明示的に応用される、アジャイルの製品開発におけるプロダクトオーナーの責任に関する深い実践的知識を習得します。

組織は、このコースが製品管理能力の構築に役立つと感じています。 プロダクトオーナーは、製品のビジョンに沿って方向性を調整するためには不可欠です。 プロダクトオーナーは、スクラムチームのメンバー同士が、最も価値の高い製品インクリメントの構築に集中できるようにします。 決定権のある顧客代表として、顧客、ビジネス上のステークホルダー、開発者の間の溝を埋めます。 プロダクトオーナーは、何をいつ市場にリリースするかを決定し、製品の投資収益率に責任を負います。

対象者:

  • プロダクトオーナー候補者とプロダクトマネージャー。
  • アジャイル移行チームのメンバー。
  • PMI-ACP試験を受けることに関心のあるプロジェクトマネージャー。

アドバンスト認定スクラムプロダクト オーナー(A-CSPO)

このクラスは、プロダクトオーナーシップを次のレベルに引き上げるのに最適です。 受講生は、プロダクトオーナーの説明責任と、ステークホルダーを特定して協力し、製品の発見を促進し、仮定をテストし、チームが適切なものを正しい順序で構築するようにする方法を学びます。 このコースの長さと期間は講座の提供機関によって異なりますが、ほとんどの場合、16時間のトレーニングに相当する16のSEU(スクラム教育ユニット)を提供します。

組織は、プロダクトオーナーがキャリアを向上させ、製品エキスパートとしての信頼性を高めるために、このコースを受講することを奨励しています。 実際のビジネス成果を出すためには効果的なプロダクトオーナーが不可欠です。

対象者:

  • 少なくとも1年のプロダクトオーナーとしての経験(過去5年以内)を持つ認定スクラムプロダクトオーナー。

認定スクラムプロフェッショナル:プロダクト オーナー(CSP-PO)

CSP-POは、製品戦略を深く掘り下げます。 顧客の発見から、開発、ビジネスモデル、そして競合分析まで、このクラスではプロダクトオーナーの役割を掘り下げていきます。 新しいチームを立ち上げる方法、計画と予測についてステークホルダーと連携する方法、バックログで複数のチームと連携する方法を教えます。 コースの長さと期間は、選択した講座提供機関によって異なりますが、ほとんどは2日間の教室での受講または12か月のサブスクリプションです。

この講座の利点は、製品の仮定を検証し、顧客やユーザーとの高度なやり取りを学習し、高度なプロダクトバックログ管理を習得するためのアプローチを固めることができるプロダクトオーナーを育むことです。 スタッフにエキスパートがいることは、すべてのチームにとってメリットがあります。

対象者:

  • 少なくとも24か月のプロダクトオーナーとしての経験を持つA-CSPO(過去5年以内)。

認定スクラムデベロッパー(CSD)

3日間のインタラクティブな技術認定*コースで、製品基盤の計画、アーキテクチャ、および設計パターンについての講座です。 これらの学習により、迅速、短時間、頻繁なフィードバックループで質の高い製品を作ることができます。

組織は、より効果的なかたちでの共同作業を実現したい開発者に役立つとコースだと考えています。 受講生は、アジャイルテスト戦略、ボトムアップソフトウェア確認サイクル、DevOps実践、継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI/CD)、自動化ビルド実践について学習します。 認定スクラムデベロッパーは、製品の高い品質維持とコードの整合性を維持する方法を学びます。

対象者:

  • ソフトウェア設計者および開発者。
  • 品質保証テストスタッフ。
  • IT 事業のリーダー、アーキテクチャ、DevOps、ITセキュリティ。

注*:この3日間のコースは、認定のための技術職要件を満たしています。 認定を取得するには、認定スクラムトレーナーによる、少なくとも5日間の正式な講座受講が必要です。 ほとんどが、このコースを2日間の認定スクラムマスター(CSM)コースと提携しています。

認定スクラムプロフェッショナル(CSP)

開発者に特化したCSPの講座はありませんが、CSP候補者は過去36か月以内に合計70SEUを取得できます。 他のコース、地元のユーザーグループへの参加、その他の活動から取得することができます。 この多様な学習の機会は、経験豊富な開発者がスクラムとアジャイルの原則を応用する方法を改善していくチームの意欲をかきたてるのに役立ちます。

CSP は、スクラムでの経験、文書化されたトレーニング、実証済みの知識を実証します。 認定は開発者に特化したものであり、認定スクラム プロフェッショナル・スクラムマスター(CSP-SM) または CSP-PO とは異なります。

CSP の指定を受けた開発者には、スクラム チームメンバーとして3年以上の証明可能な経験があります。 この上級スクラムデベロッパーとしての経験は、技術チームのメンバーにとって大いに役に立つでしょう。 この認定資格は、アジャイルコミュニティへの関与と継続的な学習への意欲を示すものです。

対象者:

  • 少なくとも3年のスクラムチームでの経験を持つCSD(過去5年以内)。

スクラムマスター

認定スクラムマスター(CSM)

この2日間(バーチャル講座の場合は半日を4回)のインタラクティブな認定コースでは、反復型開発に対するスクラム チームベースのアプローチについて深く理解できます。 このコースの受講生は、基礎理論から組織実装まで、スクラムの全トピックについて学びます。 カリキュラムには、実用的な応用方法、説明責任、スクラムアーティファクト、およびスケーリングが含まれます。 コースを修了するまでに、スクラムとその利点に関する深い実践的な知識を習得できます。

スクラムマスターとしての能力の開発に重点を置いていますが、このコースはアジャイルの価値観と原則に基づいて強力な基盤を作るのに有用であると、組織は感じています。 多くの組織は、アジャイル製品開発の入門として、すべてのチームメンバー向けのこのコースから始めます。 CSM認定講座は最も人気のある入門コースです。

対象者:

  • スクラムマスター候補。
  • アジャイル移行チームのメンバー。
  • スクラムの基礎をさらに学びたいプロダクトオーナー/プロダクトマネージャー。
  • 経営幹部、ビジネスおよびITの 管理職。
  • PMI-ACP試験を受けることに関心のあるプロジェクトマネージャー。
  • ソフトウェア設計者および開発者。
  • 品質保証テストスタッフ。

アドバンスト認定スクラムマスター (A-CSM)

A-CSMでは、CSMコース修了後に、スクラムマスターの役割をより深く掘り下げます。 この高度にインタラクティブで学習者主導の講座は、受講生が自分が知っていると思っていることに挑戦するよう導いていきます。 また、ファシリテーション、合意形成、 サーバントリーダーシップにおけるソフトスキルも深めます。 IT以外の環境でのスクラムについても探究します。 スクラムマスターが、パフォーマンスの高いチームを構築するためのスキルをさらに学ぶこともできます。

このコースでは、スクラムマスターがキャリアアップし、その組織力を高め、有効性とファシリテーションスキルを向上させる後押しをします。

対象者:

  • スクラムマスターとしての経験が1年以上(過去 5 年以内)の認定スクラム マスター。

認定スクラムプロフェッショナル: スクラムマスター(CSP-SM)

プロフェッショナルになるということは、他の人がより良いアジリティへの道を歩むのを助けるための経験と教育を持っていることを意味します。 認定スクラムの専門家は、スクラムとアジャイルの原則を応用する方法を改善するようチームに促します。

アドバンストスクラムマスター認定資格の1年間を含む、スクラムマスターとしての2年の経験を持つCSP-SMは、貴重なアジャイルコーチおよび組織のイネーブラーになり得ます。 CSP-SMは、組織のアジャイル的行動の開発とアジャイルの原則と価値の拡大を効果的にサポートします。

対象者:

  • 少なくとも24か月のスクラムマスターとしての経験を持つA-CSM(過去5年以内)。

アジャイルリーダーシップ

認定アジャイルリーダーシップ(CAL)

スクラムアライアンスは、CALコースを「それぞれの管理スタイルに合ったアジャイルリーダーシップモデルを採用することで、組織に前向きな変化をもたせるように設計されている」と説明しています。

「CALプログラムは、CALエッセンシャル、チーム向けCAL、組織向けCALの3つの基本的な認定コースで構成されています。これらのスキルを習得するために、受講生は2つの前提条件となる基礎コースを受講し、証明可能は実践、高度な教育、およびピア主導のワークショップを組み合わせたCAL IIに進みます。」

組織はこれらのコースによって、組織におけるビジネスアジリティ、自己組織化、およびチームのエンパワメントを向上させるために必要なスキルを備えたリーダーシップを可能にします。

対象者:

認定アジャイルリーダーシップII(CAL II)

CALプログラムは、アジャイルリーダーシップの能力と成熟度を育むための、2部構成になった学習と実践ベースの独自のプログラムです。 受講生がリーダーシップの有効性を高めるのに役立ちます。

「CAL IIは、高度な教育、証明可能な実践、およびピアベースの共有プログラムであり、3つのカテゴリー(アジャイル環境でのリーダーシップ、アジャイル組織、および変更に向けたアジャイルアプローチ)をまたぐ学習と実践で構成されています。CAL IIの目標は、リーダーがアジャイルリーダーシップの学習を深め、応用し、共有できるように導くことです。」(スクラムアライアンス)

この上級コースによって、リーダーたちが、組織におけるアジリティ、自己組織化、およびチームのエンパワメントをさらに向上させることができます。

対象者:

コーチのための認定

アジャイルコーチングやトレーニングのキャリアを追求するための認定もあります。 認定チームコーチ(CTC)認定ンタープライズコーチ(CEC)、または 認定スクラムトレーナー(CST)です。 現在、上記のコースの他に、これらの認定資格用のトレーニングコースはご用意していません。 これらのコースはより条件が厳しく、より多くの経験を必要とします。 要件はスクラムアライアンスのウェブサイトにあります。

企業は、組織内で成長するアジャイル実践の一環として、これらの認定資格を持つ人材を活用しています。 プロのアジャイルコーチとスクラムトレーナーは、多くの場合、これらの認定資格を保有している必要があります。

あなたにとって最適なビジネスアジリティ・トレーニングは何でしょうか?

優れたビジネスアジリティ・トレーニングは多くあります。 熱心にアジャイルを遂行する人やアジャイルのリーダーは、ビジネスの俊敏性を高めるために、できるだけ多くの講座を受講しています。 プロダクトオーナー、開発者、スクラムマスターの 、スクラムにおける3 つの職責のトレーニング、および組織におけるリーダーシップのトレーニング、このバランスが健全に保たれている組織が最も効率的です。

トレーニング後のプロのアジャイルコーチの指導により、チームは学習内容を現実の世界に効果的に応用し、最大のビジネス成果を得ることができます。

今すぐ当社のビジネスアジリティ・トレーニングコースについて、そしてプライベート講座については お問い合わせください

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.