一気に物事を台無しにするマルチタスキング

マルチタスキングは、「一気に物事を台無しにする技術」と呼ばれることがあります。 スタンフォード大学の新たな研究によると、マルチタスキングは効率とパフォーマンスを低下させるだけでなく、脳に損傷を与える可能性さえあります。 その研究は、マルチタスキングは生産性がより低く、私たちの脳は同時に複数のタスクをうまく実行する能力を欠いていることを示しています。 この調査では、一度に複数のタスクをやりくりできる「特別な才能」があると感じている人でさえ、実際には、タスクを別々にこなすよりもマルチタスキングが苦手であることがわかりました。 そういった人々は、人間が思考を整理する際に行う、脳の自然なフィルタリングプロセスによる無関係な情報を取り除く作業が、より苦手でした。 このリサーチによって、彼らが、あるタスクから別のタスクへ切り替える速度が遅いこともわかりました。 とはいえ、脳が損傷するとはどういうことでしょうか? ロンドン大学は、マルチタスキングがIQを低下させることを示す新しいデータを発表しました。 イヤですね。 認知的作業の間、マルチタスキングをした人々のIQスコアが低下しました。 この低下は、マリファナを吸ったり、徹夜したりしたした人々のスコアと相関がありました。 男性では、IQの15ポイントのによって、8歳の子供に見られる範囲までスコアが低下しました。 あなたの中の8歳の子供の部分は、あなたが同時にジャグリングしようとしている他の仕事を手伝ってはくれるでしょう。 IQの低下って一時的なものですよね? 実際、英サセックス大学の研究者は、多くのマルチタスキングを行う人は、共感と認知および感情的制御に関与する領域である前帯状皮質の脳密度が低いことを発見しました。 タスクを分けましょう。 脳に損傷を与えなくても、マルチタスキングすると30%長く時間がかかり、より多くのエラーが発生し、集中力が低下することが証明されています。 同じことが組織にも当てはまります。 不十分なポートフォリオ管理とは、上司がすべてを一度に実行しようとして、タイムラインが伸び、欠陥が増加することです。 効果的なポートフォリオ管理には、「スラッシング」(つまり、コンテキストの切り替え)しない安定したチームに、プロジェクトを1つずつ与えることが含まれます。 アジャイルの原則はこれを例示し、スクラムフレームワークはそれを容易にします。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.