PMI-ACP認証とは?

プロジェクトマネジメント協会(PMI®)は、従来のプロジェクトマネジメントの実践者が、今日の複雑なプロジェクトをうまく管理するために、アジャイルプロジェクトマネジメントのツールと手法を多様化し、採用する必要があることを認識しています。 これは、PMIの最新の認定サービスであるPMIアジャイル認定プラクティショナー(PMI-ACP®)の導入の基礎となっています。

PMI-ACPは、経験豊富なプロジェクトチームメンバーがアジャイルプロジェクトマネジメントの能力を実証するのに役立ちます。 PMI-ACP志願者は、アジャイルフレームワーク内の主要なツールと手法に関する知識のテストに合格する必要があります。 受験者はまた、アジャイルの傘下にある様々な方法論の一般的な理解を実証し、実際のプロジェクトにおける、これらのアジャイルツールと手法の経験を文書に記録する必要があります。

PMI-ACP認定の取得に関心のある人は、次のことを行う必要があります。

  • 詳細な申請書に記入する
  • PMI-ACP候補としてPMIに受け入れられる
  • PMI-ACP 試験に合格する
  • Professional Development Unit(PDU)を完了することにより、PMI-ACP認定を維持します。

受験生に対するPMIの要件は次のとおりです。

  • 高校の卒業証書、準学士号、または同等の学位など、中等学位。
  • 過去5年以内に2000時間の一般的なプロジェクトの経験(重複しないもの)。 すでにプロジェクトマネジメントプロフェッショナル(PMP®)として認定されている場合、これは免除されます。
  • 過去3年以内の1500時間のアジャイルプロジェクトの経験(重複しないもの)。 このアジャイルの経験は、必要な 2000 時間の一般的なプロジェクトの経験とは別のものである必要があります。
  • PMIが認定した教材を使用したアジャイルプロジェクトマネジメントに関する21時間の正式な教育。
  • PMIの倫理規定および職業行動規範の理解と同意。
  • PMI-ACP試験の合格点。
  • 試験に合格した日から3年ごとの認定サイクルにつき30時間の継続認定要件 (PDU)を完了。

PMI-ACP試験の内容は、世界中のアジャイル専門家によって開発および独自に検証されたもので、業界に依存しないことを意図しています。 内容には、アジャイル プロジェクトマネジメントに関する多くの側面が盛り込まれていますが、特に次の点に重点を置いています。

  • アジャイル宣言で概説されている、アジャイルプロジェクトマネジメントおよび開発フレームワークの基盤を形成する価値基準と原則との親和性。
  • スクラム、エクストリームプログラミング、リーン、ダイナミックシステム開発手法(DSDM)など、様々なアジャイル実装方法論に関する知識。
  • アジャイルプロジェクトの成功に必要なアジャイルプラクティスと手法の理解(価値主導型デリバリー、ステークホルダーの関与、適応計画など)。
  • 漸進的な開発、見積もり、優先順位付け、チームコラボレーションといった一般的なアジャイルツールの実装。

あなたが経験豊富なアジャイルの専門家であるならば、PMI-ACPは、次のステップとして最適です。 プラチナムエッジは、 CSMコースと組み合わせたPMI-ACP準備コース を提供しています。 この組み合わせは、PMI-ACP試験を受けるために必要な21時間の正式な教育を満たします。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.